瞑想

扇風機はすぐには止まらない・瞑想基礎シリーズ

ぐるぐる回る扇風機の羽根が面白くて子供の頃端っこの方を触ったり、真ん中をぐいって押さえてみたりしたことがありませんか? もちろんストップを押してから止まりかかって弱ってきてるぐるぐるの時に悪さをするわけですが。

思いっきり回っているときは、怪我をするかもしれないので当然みてるだけ。でも止まりかかってきてるときは大丈夫だから、真ん中を押さえて無理に止めたりしてました。

 

今日どうしてこんなことを書くかというと、瞑想し終わっていわゆる ”出てくるとき” のことを言いたいのです。

瞑想終了となったら最後に5分ほどかけて出てくるのがなんとなく億劫でさっと出てきたりしてませんか? あまり気を使ってないかもしれませんが、実はここが一番大切な部分です。

瞑想中は扇風機の羽根がぐるぐる回っているとしましょう。

時間が来て瞑想終了します。扇風機のストップボタンが押されます。でも扇風機の羽根はすぐには止まりません!羽根が止まるまでしばらくかかります。

自転車でも同じです。自転車をこいでいて急ブレーキをかけるとどうなりますか? 体がブワンと前につんのめって転んでしまうでしょう。(これも経験済みです。)なのでゆっくりブレーキをかけていきます。

 

瞑想の終了時間が来たら、ゆっくりそのエネルギーが落ち着くまで待ってください。

そうでないと、まだ止まってないエネルギーがあなたに1日中影響を与えます。それは自転車が急ブレーキで止まるとその衝撃で体が吹っ飛んだり、止まってない扇風機の羽根に指を突っ込んで怪我をするのと同じで、動いているエネルギーを無理やり止めるとなんらかの衝撃があなたにもたらされます

この衝撃が、例えば会社で人に当たったり、余計なことを言ったり、ちぐはぐなことが起きたり、電車に乗り遅れたり、信号に引っかかったり、頭痛がしたり等、うまくいかないわけです。これではなんのために瞑想をしているのかわかりません。

せっかくした瞑想の効果を得るためにも、最後は少なくとも5分はかけて出てきた方がいいですね。

 

瞑想の効果はあなた全てにもたらされ、人生をスムーズにしていくもので、いつどこに効果が出ているのかわかりません。でも確実に言えるのは、自然に変化しているということです。ものすごく自然に、当たり前すぎてわからないことが多いのですが、長い目で見ると確かに良くなっている自分があるわけです。

そのくらいスムーズになっていくのが瞑想です。そしてそれが当たり前なんです。

自分が好きなように生きるのは生まれ持った権利です。それを当たり前にできるのも瞑想です。

最後の5分、気をつけましょう。

 

***自分の能力を100%発揮して幸せに生きる「自分のエキスパートになる」***

全てのベクトルを自分に向け、ありのままの自分で生きる!

あなたが本当の意味で自立して生きるための、セッションや瞑想レッスン、オンライン講座をしています。>>「自分のエキスパートになる」ホームページ

乳がん検診以外は全てオンラインでできます。

 

***毎月第3日曜日の朝9時から、オンライン定期瞑想会開催中!***

瞑想教師歴25年のクロが、ハワイからSkypeで誘導します。

ハワイで直接参加することもできます。>>詳しくはこちら

日本時間:5/17  () 9am~

ハワイ時間:5/16  ()  2pm~