ゾウ

ゾウさん2、コロナで大変なことに!

今日はタイのゾウさんの話です。

これが作り話だったらどんなにいいかと思いますが、実際に起きていることです。

そしてコロナの影響は人間だけでなく、ゾウさんにも及んでいるのです。そして多分もっともっと知らないのもたくさんあると思う。

実際にコロナは自然界にいい影響をもたらしていて、人間がどれほど勝手気ままに自然を扱っていたか?というのがよくわかります。あちこちで動物や植物、川、大気などが綺麗になったりしてる報告もあるから。

 

ただ、今日は少しでも多くの人に知ってもらい、応援してもらいたいので書きます。

 

私が初めてタイのチェンマイでゾウに出会ったのは27年くらい前でしょうか? その時、ゾウのキャンプというのに行って、丸太を転がしたり、サッカーボールを蹴ったり、背中に乗せてもらったり、バナナをやったりしました。ゾウとのふれあいがとても嬉しかったのを覚えています。

でもその時に、マフートと呼ばれる象使いの人たちの目つきが気になりました。どの人もみんなゾウを睨んでいて手には鎌のような鋭いものを持っていました。ゾウがいうことを聞かないとそれでコンコン頭を叩きます。耳をひっぱって破ったりもしました。

その時一緒に行ってたみんなで、抗議しましたが、ゾウはそうしないとわからないんだ、と言われました。ゾウさんの目はちっとも楽しそうではなかったです。

その時のことがショックでものすごく強く印象に残っています。

 

それから何年もしてからエレファントネイチャーパークというのと出会いました。

ここは以前のようなゾウキャンプとは全く違っていました。ひどい扱いを受けてきたゾウ達をレスキューして、観光客にゾウがどういう風に捕まえられ、虐待され、人間の言うことを聞くように調教されていくかなどを教えてもらいます。ゾウに関する知識を高めるということをしている場所でした。

30年も前に王様がゾウの使用を禁止するまでほとんどのゾウは人間に使われて森の中で材木を運び出す仕事をさせられていました。禁止してから自由になるかと思いきや、マフートがその手を離しません。

マフートは他に何もできないので今度はゾウを仕込み直して観光客用に使い始めました。それが私が出会った頃のゾウ達です。

今それを変えようとエレファントネイチャーパークがこの何十年かに渡り、世間一般に働きかけ今では、ゾウの背中に乗ったり、トレッキングやお絵描きをするようなゾウは少なくなり、ゾウが単にゾウとしてあれる場所を提供してそれを見せると言うのが主流になっています。今までのここの働きかけがやっとタイ全土の観光に使われているゾウを変えていっていたところです。それでもまだトレッキングに使われたり、山奥で木の切り出しに使われているのもいますが。

なんとなくゾウの幸せがやっと見え始め、私も今年からエレファントネイチャーパークの取り組みに参加しようと決めたところだったのです。そこは最終的にはゾウを自然に返すと言うことを目指しています。全く人間の手を離れ、あるがままにさせると言うことです。実際にすでに始まっていて、土地を買い、元気で自活できるゾウ達はそこに放たれています。

 

そして今。

コロナのおかげで、観光客が来なくなってしまいました。ほとんどのゾウはまだ人間に飼われています。観光で支えられていたのですが誰ももう見に来てくれません。そうなるとゾウだけでなくマフート、そしてその家族も困るわけです。エレファントネイチャーパークは募金を募り、自分のところだけでなく、他のゾウキャンプにも分け与えなんとかこの状況を乗り越えようとしていますが限りがあります。全てのゾウを救えないのです。

マフートによっては、観光業はダメだ、と言ってゾウを連れて山に戻って行く人たちもいるそうです。山に入っていってまた過酷な仕事がゾウには待っているのです。マフートは何もしません。鎌を持って叩くだけです。ゾウに選択はありません。ゾウは自由になりたくても、どうしようもないのです。

 

ここにリンクがあります。山に連れ戻されて働かされているゾウです。写真がものすごいので見るときは覚悟してください。何枚もあるので見てください。

View this post on Instagram

I am often questioned from others, why the Elephant ? Even friends ask of me, why I do not take a break from this struggle, to sustain myself, when I combat on behalf of the elephant, and am attacked badly from those groups who use the elephant poorly. Understand that they continue to lose their benefit from my activities as I voice for the elephant. And that of course is the answer. Our voice makes a difference for the beautiful Giant. Let me share a picture or 2 of the Gray ! This is my work. I want for nothing, but the Giant lacks for everything. These are the images that allow me no rest! Their eyes penetrate me; their soul touches my own. Eyes that show sadness, fear, hopelessness and confusion, their tears fall on my doorstep, and plea for my help. Their screams, forced into labors unnatural, echo into my being, their beatings shadow my every footstep. It is a suffering shared, as it should be. No person should endure this. I have promised to them my fealty. My voice is theirs, despite where it leads me. When many of us can enjoy the use of private money, we must acknowledge the lives of others in the expense of it – the painting, the show, the ill-considered ride – we have no idea how they feel, we have no idea how they suffer behind these scenes. Three decades have I traveled, and my work is just beginning. This is the Journey of the captive elephant. Cruelty and conflict threatens their life to this day. Human need must be subjugated for the benefit of all living beings. Kindness changes lives. The elephant's future is in your hands. Be their voice.! #bekindtoelephants #loveandbananas #elephant #animal #animalovers #elephantlovers

A post shared by Lek Chailert (@lek_chailert) on

 

エレファントネイチャーパークはチェンマイ、プーケットなどタイのあちこちにあり、その全ては観光客で成り立っています。タイにあるエレファントキャンプはみんなそうです。なのでもしできるなら募金してあげてください。ここは今はゾウを助けるために関係のないエレファントキャンプへも食料を配っています。単にゾウを助けたいからです。ゾウには仕事を選択する余地はないからです!

募金はこちら。全て英語ですができればお願いします。

https://jointrunksup.org/donate

 

もし募金できなくても、拡散してください。そしてもしこれからタイに行ってゾウのキャンプのようなところへ行くことがあれば、背中に乗ったりでなく、ゾウがゾウであれる場所を選んでください。そこへお金を払ってください。それがあなたのできる応援となります。

 

私は、私たち一人一人が意識を高め行動を変えることによって、ゾウや他の動物の虐待が亡くなっていくことを望みます。そしてマフートにも仕事を与えなければいけないなぁと思います。彼らも家族がいるのでなんとかせねばなりません。誰かいい方法、案があればシェアしてください。

 

赤ちゃんゾウ

この写真は17−8年前にエレファントネイチャーパークにいたゾウです。母親と一緒にレスキューされてきてましたが、その後どうなったか。そのまま大きくなっていればいいのですが。。。

 

 

***自分の能力を100%発揮して幸せに生きる「自分のエキスパートになる」***

全てのベクトルを自分に向け、ありのままの自分で生きる!

あなたが本当の意味で自立して生きるための、セッションや瞑想レッスン、オンライン講座をしています。>>「自分のエキスパートになる」ホームページ

 

***毎月第3日曜日の朝9時から、オンライン定期瞑想会開催中!***

瞑想教師歴25年のクロが、ハワイからSkypeで誘導します。

ハワイで直接参加することもできます。>>詳しくはこちら

日本時間:4/19  () 9am~

ハワイ時間:4/18  ()  2pm~