自分のエキスパートになる

記念写真から乳がん発見

イギリスで起きたニュースが目に入りました。私もハワイで提供していますが、なかなか自分がまさかそんなこと、って思いますよね。

 

イギリスで家族旅行に博物館で記念写真を取った時に、胸のあたりが妙に赤かったそうです。

これは赤外線写真で、博物館が興味本位で体のどこがどれくらい熱いか冷たいかが目に見えるので、提供しているそうです。

その写真でなんと乳がんが発見されたそうです!

この人は、写真を見た時にどうして自分の左胸が赤いのかわからなかったそうです。家族みんな比べても自分だけだったけど、観光の途中だし、そのまま旅は続行。家に帰って気になったので、インターネットで調べたそう。

するとサーマルイメージング、あるいはサーモグラフィーと呼ばれる乳がんのスペシャリストが使用する非暴力的な早期発見法があることを見つけました。これはがん細胞があると、その部位の血流が激しくなり代謝も上がるためそこの体温が上昇し、それが特殊カメラで写真に写し込まれるというもの。

彼女はその後すぐ医者に連絡し、ありがたいことに早期発見のため手術を2回ほどして、拡散防止のためあともう一回して終わるそうです。

 

マモグラムとは違うサーモグラフィーという非常に簡単ですが、超早期発見できる乳がん検診。

ハワイに来た時にいかがですか?詳細はこちら

 

 

***自分の能力を100%発揮して幸せに生きる「自分のエキスパートになる」***

全てのベクトルを自分に向け、ありのままの自分で生きる!

あなたが本当の意味で自立して生きるための、セッションや瞑想レッスン、オンライン講座をしています。>>「自分のエキスパートになる」ホームページ