自分のエキスパートになる

飲んで食べて

はじめての台湾は、あのアジア特有の雑多な感じと、ふわーんとした空気感で始まった。

道行く人はいつもみんながみんな何かを食べ、何かを飲みと、休む間がない。バイタリティ溢れる人達。

そして何か騒々しいなぁ、と感じてきたけどその理由がわかったった。

子供達だった。どこにもたくさん家族づれがいて、子供も当然何かを食べるか飲んでるかしてる。

時間は関係ないようだった。お腹すいたら食べるという非常にカラダに素直な生き方。

小さい頃は時間に拘束されて育った私はビックリ‼️ そんなのでいいの?なんて思ったけど、世の中がそれを受け入れてて、それ用にどこでもいつでも食べ物や飲み物を提供している模様。

場所変われば人変わる、というけど本当にそう。

旅は面白い。

人それぞれ違って当たり前が実感できる。

写真はクリスタルロープウェイで猫空山?だったかな?