自分のエキスパートになる

人の力

土曜日は初めてのお試しレースだった。

距離は8マイル。13キロくらい。

場所はよく知ってるカピオラニ公園とダイヤモンドヘッドの組み合わせ。

 

最初はゆっくり、途中からペースを上げるという感じがいつもの私なのでそのようにする予定。

だけど、そうはいかなかった。。。。。

私も含め、そのほか初めての人ばかりで最初から焦ってペースが早い!

人ごとではないのだが、どうしようもない。

止められないんだもん。

そしていつものように途中から走り出す。といってもジョッギングなのだが。

それも早すぎて苦しい。

苦しいけど落ち着かなくって遅くもできない。

負けられない!なんて思って、一体誰に負けられないんだ?なんて自虐しながら。。。。。

最後の3マイルがきつかった。

走ったけど疲れがすごくて歩くことにしたら、心臓がばくばくして、呼吸が苦しくなって息ができなくなった。

あ!っと思って、一生懸命深呼吸したり、体をストレッチしたりして、大変だった。

そして最後はもう歩き。

ペース配分を間違えたなぁと実感。

 

そして、ものすごく思った。

あの辛い時に、誰か一声かけてくれるとありがたいなぁって。(この日は誰もいなかったのだが)

本当のマラソン時には沿道にたくさん人がいて、みんなが声をかけてくれる。

みんなのパワーをもらって走っているんだなぁって実感した。

 

今までは仕事で応援するということをしていたけど、かなりのパワーになるんだなぁと知った瞬間。

応援してくれる人がそこにいてパワーもらいながら走って、それを見てまたパワーもらって、とエネルギーの循環してるんだな。

全く知らなかった。応援することがこれほど走者のパワーになっているなんて!

やって初めてわかった。

 

さて、今日からまたトレーニング開始。自分のペースを維持できるように意識しなきゃ。

あー、それにしても、死ぬかと思った。

 

 


自分の能力を100%発揮して生きる「自分のエキスパートになる」セッションやお問い合わせはこちらから

次回の39瞑想会は10/20, 午前9時からです。申し込みはこちらから

 

広告