瞑想, 過去記事

マントラとは

マントラの説明をします。

 

マントラはエネルギーです、波動です、とよくいいます。これわかりますかね?私なりに理解したので説明します。

 

たとえば、太鼓を叩くと音がします。ど〜ん!って。

叩いた時のその響きを日本語ではど〜ん、といいます。だからど〜ん、ど〜ん、とかって表現しますね。

太鼓を叩いた時の、あの振動する響き。実際ど〜んといっているのでしょうか? そういう風にきいてるだけですね。

この叩いた時の響きこそがマントラです。

そして、太鼓の大きさによって響きが違います。

なので、表現(ど〜ん)も違ってきます。

どんどん、もあれば、ど〜ん、もあるし、とんとんもある。

 

わかりますか? 響きをマントラというのです。そのマントラといわれるものを音として表したのが、瞑想時に使うマントラです。

だから言葉ではないのです。言葉は単に響きを表すものに過ぎないのです。

 

通常、マントラは本にも書かれてるし、誰かにきいたこともあるでしょう。たくさんの種類がありますからね。

それを口にしたからといって何も起きません。生きてないからです。

 

 

フルフィルメント瞑想では、マントラを使います。そして、このマントラに息吹をあたえます。これがプージャと呼ばれる儀式です。

プージャをするのでただの言葉が生きてきます。ただの音が響きを持つのです。死んでるものに命を与えることができる儀式。これは尋常なことではありません。5000年の伝統に支えられているからこそできることなんです。

生きてるものと死んでるもの。

大きな違いはここにあるのです。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中